ご挨拶

信頼と伝統を礎に
皆様に“選ばれる企業”としての未来を創造する
東京凮月堂の歴史をひも解くと、その創業は、明治5年、大住喜右衛門が宝暦3年(1753年)に創立された大坂屋から、文化9年(1812年)松平定信候より「凮月堂清白」を選授され屋号を「凮月堂」とした凮月堂総本家より暖簾を分けて頂いた「米津凮月堂」までさかのぼります。以来、今年で創業140余年。 私どもが貫いてきたことは、ひとえにお菓子によってお客様を笑顔にするということです。 当社の商品は多くの方々に贈答品としてお選びいただいております。大切な方に贈り物をされるとき、多くのお客様は“信じられる”品をお選びになります。私どもが目指す「安心」「信頼」のバロメーターは笑顔です。 そのためには、時代の先を読み、常に前進し続ける企業でなければなりません。製造技術はもちろん、接客サービスにいたるまですべての面において、向上を目指します。 私ども社内では、縦横の繋がりを強化し、お客様の声が全社員に届きわたり、そして応えていける組織づくりに傾注いたします。 すべてのお客様が笑顔になれる口福づくりを通じ、ひとりでも多くの方々が幸福になれるよう邁進し、社会に貢献して参ります。
「信頼にまごころで応える」、伝統を守りつつ、すべての世代に愛される未来を拓いていきます。 今後とも相変わらぬご支援ご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

株式会社東京凮月堂
代表取締役社長 執行役員 髙瀬 晃裕